画家「五十嵐岳さん」FLATインタビューVol.3

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

P1010142-300x225

今回FLATアーティストインタアビューゲストは、 画家の五十嵐岳さんです。

1-226x300

FLATイベントフライヤーのonce upon a timeの文字は彼の手書きデザインです。 彼は、イベントフライヤーのデザインをお願いした時も、 会話をしながら右手をくるくると動かし、絵を書く事が出来る器用さに驚かされました。 お客様と会話しながら作品を1枚1枚異なるデザインをライブで描く事が出来るそうです。

09-300x200

終始笑顔を絶やさず、周りを和やかなムードに変える男、五十嵐岳。

そんな彼の魅力と、彼が絵を描く理由等に迫ってみました。

8/30.31のFLATイベントにアーティストとして参加して頂きます。

56-300x225

FLAT(春名):いつから絵は書いていたんですか

五十嵐さん:子供の頃からですね。色んな絵を描いていました。

FLAT(春名):そしてなぜ絵を描けるようになったんですか? 五十嵐さん:今33歳で幼稚園の先生をやっているのですが、単純に子供が自分の描いた絵を見て喜ぶのが嬉しいんです。描き出した経緯に関しては、何故今も自分は絵を描いているのかと自問自答した時期があって、結果後から気づかされた感じなんです。少し暗い話しなんですが、自分が小さい頃、両親が離婚をする前によく母親が家でお酒を飲んでいる時期があったんですね。その頃の僕はスポーツ万能でも無ければ頭も良い訳でもなく、唯一人から褒められる事といえば自分が描く絵だけだったんです。そんな人から褒められる絵を毎日母親にあげて「ありがとう」という言葉がただ聞きたくて絵を描き続けていたんです。その後中学生になってからも絵を描き続けていて、その結果他からの自分の絵に対する評価が上がって、国際コンクールに入賞する程にまでなったんです。当時の僕自身も将来自分は画家になるんだろうなと思っていました。でも或る時、それが自分にとって、プレッシャーに感じてしまうようになったんです。他からの評価が上がる事によって「上手く描かなければいけない」と思うようになってしまったんです。それからしばらく絵が全然描けなくなってしまったんです。

S__5333101-203x300

FLAT(春名):では何故また絵を描けるようになったのですか?

五十嵐さん:高校生の頃、絵から離れて生徒会役員をやっていた時期があったんです。その頃僕は高校の付属の幼稚園の行事や絵本の読み聞かせ等を企画する担当だったんです。そこでの子供達との触れ合いの中で、一緒に絵を描く時間があったんですよ。子供達が描く絵はぐちゃぐちゃなものでした。でも皆とっても楽しそうに絵を描いていたんです。それを見て僕は「そうだ、絵は楽しむものなんだ」と実感したんです。そして子供達と絵を交換して「ありがとう」と言い合っている時に「そうだ、絵は人を幸せにするものなんだ」と気づいたんです。それがきっかけでまた絵を描くようになったんです。自分の絵は決して自分で上手いと思った事も無いし、美大を出ているわけでもないからテクニックも無い。でも幼稚園の誕生会やクリスマスパーティで自分が描いた絵を子供達にあげて「ありがとう」と言って貰える。周りの人からも「岳の描く絵は温かくなるよね」「嬉しいな」と言って貰える。そんな中で「人が幸せになれる絵が描けたらいいな」と思い、また絵を描き続ける事ができるようになったんです。

S__5333100-300x191

FLAT(春名):絵を描く時に、どんなものからインスピレーションを得ますか?

五十嵐さん:音楽だったり、美術館に行ったり、それこそ色んな物に対してアンテナは張っていますね。でも僕は人と触れ合うのが好きなので、そこから得るものが一番多いかもしれないです。

P1010137-300x225

FLAT(春名):アーティストは子供のような自由な感性が大切と言いますが、大人になると色んなフィルターを通して物事を考えてしまうので、それを外す作業はとても難しい事なのではないかと思うのですが、その辺りはいかがですか?

五十嵐さん:中学校の頃はあったのかもしれないですが、今の僕には今そのフィルターが無いかもしれません。何故かというと今の僕の職業によるところが大きいですね。普段から子供達と触れ合い、子供の目線で物事を考えるようにしています。もし今自分がこの環境に居なかったら、今自分が描くような絵は描けてなかったかもしれないですね。

u8-300x225

FLAT(春名):では、今後もずっと幼稚園の先生を続けながら絵を描き続けるんですね。

五十嵐さん:はい。幼稚園の先生は天職だと思ってます。絵は自分の中で趣味だと思っているんですが、今後は少しずつその趣味を特化していきたいと思っています。今後は絵本なんかも作りたいですね。

ho-244x300

FLAT(春名):お話も作れるのですか!?

五十嵐さん:はい。実はもういくつか書き溜めているんです。今後は絵本を作って、今教えている子供達に読んでもらいたいし、欲を言えばその子達の子供にも読んで貰いたいですね。

78

P1010142-300x225

FLAT(春名):本日は有難うございました。

flyer2-300x211

子供から大人まで、優しい気持ちにさせてくれる

五十嵐さんの作品をFLATに是非見に来てください。

■FLATイベント 開催日時 
2014/ 8/30ー
  Exhibition 12:00~18:00
  Reception Party 18:00~22:30
2014/ 8/31ー
  Exhibition 12:00~18:00

■展示テーマ:”Once upon a time” ~おとぎ話~
※様々なアーティストが各々の解釈でテーマ内容を発表します。

■ 開催場所 
〒152-0035 目黒区自由が丘2-15-10 A&Dハウス401
(東急東横線・大井町線 『自由が丘』駅下車徒歩約3分 ) FB:https://www.facebook.com/flatevent

gakuigarashi

五十嵐岳

シドニーの私立の幼稚園で働きながらチャリティーイベントやフリーマーケットで絵を描いていました。日本に帰国後、幼稚園で英語教師として働きながら時間のある時に絵を描いています。

取材文:春名浩輔、写真・編集:AI KIKUCHI